読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もばいりーde引きこm(y な日常

実際あんまり引きこもってない。

日々気ままにつぶやいています。
Windows・Android・iOSなど中心に、中華端末など情報収集!

windows10 anniversary update する際の注意点など。

Windows デスクトップ タブレット Phone 覚書


スポンサーリンク

Windows10 anniversary updateされてから二日ほど経過しました。

昨日もそうでしたが、現在持っている端末3つをすべてアップデートしてみたのでその感想とアップデートの際の注意点をまとめてみました。

 

※ここから先は基本的に自己責任で。感想以外の質問等されましてもご返答できかねます。 何かあったらMicrosoftかメーカーに問い合わせましょう。

 

まず持っている端末は

  • FUJITSU LIFE BOOK AH40/H(現在のメイン端末)
  • ASUS T100CHI-FG001B
  • Teclast X89 win

この三機種です。すべてWindows10 anniversary update完了しています。

 

実際にアップデートをする。

必ずやる事

アップデートの前に必ずやっておく必要があります。

それはバックアップ。これは最重要。

できれば全体のイメージをバックアップする事。

それとドライバのバックアップ。現在使用している端末がメーカー製であればウェブ上に配布されているはずなのでそれを保存する事と、一度もドライバを更新していなければ端末上のドライバもバックアップはした方が良いでしょう。

私が使用しているバックアップソフトウェアは以下の物です。参考までに。使用方法は詳しくかいていらっしゃる方が多数いらっしゃいますので調べて貰った方が早いかと思われます。

 

・イメージバックアップ

www.macrium.com

 ※バックアップの参考サイト

www.gigafree.net

 

・ドライババックアップ

BooZet Freeware | Double Driver - backup and restore installed drivers

 ※ドライババックアップ参考サイト

Double Driverの使い方(ダウンロード・バックアップ)--オールフリーソフト

 

アップデートの前に

アップデートには2種類の方法があります。

  1. 自然に任せてMicrosoftからのアップデートを待つ。
  2. 手動でアップデートを行う。

自然に任せてアップデートを待つと小出しに対応しているようなのでいつアップデートがくるかわかりません。

が、不具合などが報告としてあがれば対応後のバージョンでアップデートされる可能性が大変高く問題がない(少ない)状態でアップデートされるはずなので急いでいないならこの方がいいかもしれません。

二つ目の手動アップデートですが、この手動アップデートの中には3種類の方法があります。

一つ目は『設定』→『更新とセキュリティ』→『詳細情報』→Microsoftウェブサイト→『anniversary update』の順に更新。メインの端末でコレをやって私は再起動の連続でになってしまい失敗してしまいました。

二つ目と三つ目は直接ダウンロードサイトへ飛ぶ方法。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10』こちらのサイトへ直接飛んで『今すぐアップデート』もしくは『ツールを今すぐダウンロード』を選択する方法です。やるならこちらが安定していて良いです。

 

アップデートするには要件がそろってないといけないのですが、基本的にはどんな端末でも問題ないかと思われます。

しかし、『2GB以上のメモリ(32bitの場合のみ)』『8GB以上の空き容量』がタブレットPCだとネックになってくるでしょう。

というのも、Windows8位に発売されているタブレットPCが軒並み『メモリ1GB』『eMMC16GB or eMMC32GB』というスペックだからです。

正直、メモリ不足は対応のしようがありません。

空き容量はOSのみでソフトウェアがなにも入っていないなら足りるかもしれませんが、普通そういう使い方はしていないはずなのでまず足りなくなってしまいます。この場合は諦めてクリーンインストールしかありません。

※インストール時に容量不足の場合は『外部メモリを使う』という項目が出ますが、選択しても現在は外部メモリを使用する事が出来ずにループします。(2016/8/5現在)

この辺はアップデート前に確認が必要でしょう。

 

アップデートを行う

では実際にアップデートをしましょう。

ここでまずWindows設定『更新』のアップデートから行うのは避けた方が良いです。

何度か試しましたが、どの端末でもドライバ異常でエラーが吐き出されました。必ずではありませんが、非常にエラー率が高かったです。それと、ネット上で初期化されてしまうという報告も多数上がっていました。

なのでこのアップデートは現在はやめた方が良いでしょう。

 

次にダウンロードサイトへ直で移動し『今すぐアップデート』と『ツールを今すぐダウンロード』をした場合ですが、これは両方問題なくアップデートされました。

どちらでアップデートしてもエラーが発生する事も初期化されることもなくWindows10が更新されました。

複数回Windows10に戻したりWindows8.1からアップデートしてもエラーがでなかったのでanniversary updateするのであれば、少しでも不具合を減らすのに直接ダウンロードする事をおすすめします。

ただ、古い端末でドライバが対応していない場合などもあるかもしれません。その場合はエラーも出る可能性ももちろんありますのでバックアップは必ずとるようにしてください。

 

『今すぐアップデート』の利点

X89 winなど中華タブレットを利用している方には『今すぐアップデート』がオススメです!というのも、日本語化していてもそのままアップデートしてくれるので完了後もなにも問題なく使用する事ができるからです。

『ツールを今すぐダウンロード』で中華タブレットをアップデートする時は言語の設定などを行わなければならず、日本語でツール作成すると中華タブレットはアップデートされません。ライセンスのシリアルの入力を促されてしまいます。ツールをちゃんとOSに合わせて作成すると今度は日本語化をしないといけなくなります。面倒でした。

 

3端末でアップデートを色々試しましたが、今までのWindowsの大型アップデートよりもインストール速度が格段に速くて一日がかりではありましたが3端末でインストール実験というかエラー回避テストを何回もできました。

実際にアップデートすると細かいところが変更されています。Windows10を使用していたならば問題なくすんなり使用できるのではないでしょうか。

Windows8を使用していた方であれば正直アップデートをオススメします。

8→10になって、若干Windowsの起動が遅くなりましたがまた8の時に近い速度まで出ています。

そしてEdgeの速度が上がってました。アドオンが使える様になった事で今後FirefoxGoogleChromeなどに追いつけるかって所でしょうか。実際だいぶ使いやすくなっています。しかしアドオンがまだ少ないので今後に期待というところでしょう。

 

まぁそんな訳でソフトウェアの互換性など気にしなくて良いのならアップデートはオススメじゃないかと感じました。