読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もばいりーde引きこm(y な日常

実際あんまり引きこもってない。

日々気ままにつぶやいています。
Windows・Android・iOSなど中心に、中華端末など情報収集!

【レビュー】髭剃りをGilletteに変えて2ヶ月試してみた。【Gillette】



スポンサーリンク

今まで髭剃りは『Schick』の4枚刃を使用して、5枚刃が発売されてからずっと使い続けるSchick信者でした。

ですが、TVCMを見てGilletteが気になっていました。

と言うのも私は大変髭が濃く、剛毛なんです。

ほぼ毎日髭を剃り、2週間で刃を交換。一ヶ月で2個消費していました。替刃も安い物ではないので結構出費がかさむんですよね。

丁度2ヶ月ほど前にGilletteのTVCMを見て、最後に『1ヶ月持ちます』という文言を見た時に本当にもつのか気になってしまったのです。

そこで丁度Schickの替刃も切れたし、本体も薄汚れて買い替え時だった事もあり変えてみようと思い立ちました。

それから今日まで2ヶ月と1週間位使用してみてその感想を。

 購入したのはこちら。

ジレット プログライド フレックスボール パワーホルダー 替刃1個付

ジレット プログライド フレックスボール パワーホルダー 替刃1個付

 

 

CMで刃の根本がボール上になっていて顔の曲面に合わせて動くという代物。

電池式になっており、振動することによってなめらかな剃り心地との謳い文句。

刃を動かすとボールも確かに動く。電源を入れるとかなりの高速振動です。

 

実際に使用してみると、Schickよりも確かに柔らかな剃り心地。

ボールに関しては正直ガッカリ感がありました。と言うのも、結構な強さで押し付けないと動かないじゃんね。特にボールの必然性が見えないまんまでした。

振動させるのと振動させないのではかなり差がでました。

振動することで肌を滑らかにタッチするような感じです。

振動させないと普通。本当に普通。Schickより肌に優しいだけで普通。

振動のないフュージョンを使用したことありませんが、きっとこの振動させないのと同じなのだろうと思います。だとしたら絶対にプログライドおすすめ。

 

剃り心地ですが、かなりソフトタッチです。

Gilletteだと肌を痛める感じがまったくないので肌には優しいのではないでしょうか。

しかし、深剃りは出来ません。優しいタッチなので思ったより深く髭を引っぱり出して剃る感じではありませんでした。

私みたいな剛毛な髭では剃り終わった後も若干髭が触りました。

 

最後に肝心の刃の持ちですが…

マジで1ヶ月交換いらずです。ここは文句なく謳い文句の通りです!

Schickだと2週間もすれば刃が欠けているのか肌に触るのですが、Gilletteではそんな事は全く無く、最後まで綺麗に剃れていました。

 

あくまで肌質と髭の濃さにもよるかと思いますが、深剃りの必要がなく髭が薄めの方でしたらGilletteが圧倒的に良い感じではないでしょうか。

逆に深剃りで青ひげになる時間を長くしたいなら圧倒的にSchickが良いと思われます。

 

用途に合わせて両方が両方良い所と悪い所がある感じだったので使い分けか自分の好みで良さそうです!

 

 

 

ジレット プログライド フレックスボール パワーホルダー 替刃1個付

ジレット プログライド フレックスボール パワーホルダー 替刃1個付

 

 

ジレット プログライド フレックスボール パワー 替刃8個入

ジレット プログライド フレックスボール パワー 替刃8個入

 

 

 

サクセス 薬用シェービングジェル スキンケアタイプ 180g

サクセス 薬用シェービングジェル スキンケアタイプ 180g