もばいりーde引きこm(y な日常

実際あんまり引きこもってない。

日々気ままにつぶやいています。
Windows・Android・iOSなど中心に、中華端末など情報収集!

がんばれの意味とニュアンス



スポンサーリンク

もう一つの日記向けかとも思ったのですが、仕事とかでの意味も考えてこちらへ。

 

"がんばれ"って簡単にいうけど本当にそう思っているのでしょか?

うつ病患者に"がんばれ"って言ってはいけないとよく聞きますが、多分うつ病の事になったことがない人が言うからダメなんだと思います。

うつ病の人は自分自身の出来る限りで今まで頑張ってきた方が多く、「これ以上何を頑張ればいいんだ…」ってなってしまいます。

 

会社でも「後一息だから頑張れ!」ならいいのかもしれません。

ですが、デスマの中ただ頑張れ頑張れ言っても、勤務してる人には届いているでしょうか?大半の方が「頑張ってるよ!こんな仕事もってくんじゃねぇ!」になるんではないでしょうか。

逆に、スポーツやっている人に試合中"頑張れ!"って言うとどうでしょう。

選手は"応援されてる、頑張らなきゃ!"ってしっかりと届いているのではないでしょうか?

 

頑張れって言っている人には逆に理解出来ないことかと思うのですが、デスマの中必死に作業している方には頑張ってほしいなら"頑張れ"ではなく"適当に一息入れよう。疲れすぎても動けないからな。一服してからまた頑張ろう"と一言添えるだけでかなり言葉の意味も伝わり方も変わるのではないでしょうか。

 

相手のやる気を引き出す最大の言葉だと思います。

私は出来る限り"頑張れ"は使いません。"やれる事からひとつづつこなそう。無理はしても無茶は絶対しない様にね"と言います。

頑張れよりも実は"やれよ"と強い意味合いで言ってますが、笑いながらいう事でやわらげ、言われた本人に「やろう!」と思わせる様にしています。

 

ガンバレガンバレってたまちゃんファイトじゃないので言い過ぎても意味がなく結果相手をいらだたせる原因になってしまうのではないでしょうか。

 

とりとめのない書留。

広告を非表示にする